寺院紹介|大阪 指月山 常宣寺|浄土真宗本願寺派

寺院紹介
寺院紹介

京都の北山殿(後の金閣寺)が上棟した應永4年(室町時代1397年)、当時天台教学の学僧として有名であった智正法師が常宣寺を創建。

室町時代中期には京都から大阪への淀川河川交通を活用された本願寺法主蓮如上人(第8代)が、しばし当寺にお立ち寄りになり、近郷近在に教化伝道されたと伝えられる。

また、織田信長と本願寺との石山合戦(1570~1580年)の際は、石山本願寺の支城の一つとして砦が周囲にあり、織田軍と対峙したと言われている。

境内にある樹齢370余年の銀杏の大木は、正保元年(江戸時代1644年)に、本堂再建、山門拡充整備時に植樹されたものである。

土蔵は文政2年(江戸時代)・太鼓楼は安政3年(江戸時代)に建造され、客殿の建築等も行い、時代を経て現在に近い形が整ってきた。

平成に入り、平成の大改修として本堂修復、山門整備を行い、布教の拠点として現在に至る。

  • 常宣寺
  • 常宣寺
  • 常宣寺
  • 常宣寺

【寺号】浄土真宗本願寺派 指月山 常宣寺(じょうせんじ)
【御本尊】阿弥陀如来像
【境内】本堂 山門 鐘楼堂 太鼓楼 土蔵 庫裏
【創建】1397年(應永4年)
【住職】藤林顯晶