常宣寺からのお知らせ|指月山 常宣寺(大阪市旭区)

~花まつり~

2016年4月8日

~お釈迦さまの誕生日~

4月8日は、お釈迦さまの誕生日を祝い、

各地で花まつりが開催されます。

あまり知られてはいない行事・・ではありますが・・・

 

・クリスマス→キリストの誕生日を祝う【キリスト降誕祭】

・花まつり→お釈迦さまの誕生日を祝う【灌仏会(かんぶつえ)】

 

と、比較してみれば分かりやすいのでないでしょうか。

 

では、灌仏会(かんぶつえ)とはいったい何なのでしょうか。

灌(かん)とは、灌(そそ)ぐ とも読み、

【水をそそぐ、流し入れる】との意味です。

 

灌仏とは=仏像に、香水(こうずい)・甘茶(あまちゃ)などを

注ぎかけるとの意味です。

 

花御堂

⇧ 花御堂(はなみどう)

 

花まつりでは、花御堂(お花で飾られた堂)の中に、甘茶を入れた盆を置き、

【右手を上、左手を下】に示した【お釈迦さまの誕生された姿】をあらわした

誕生仏を安置し、柄杓(ひしゃく)で甘茶を頭上から注ぎます。

 

この花御堂は、お釈迦がお生まれになった場所、ルンビニ園をあらわし、

誕生仏は、お釈迦さまがお生まれになり、すぐに7歩歩まれ、

『天上天下唯我独尊』と言われた姿をあらわしたとも言われます。

 

甘茶(あまちゃ)は、お釈迦さまの誕生を喜び、天に9匹の龍が現れ、

甘露(かんろ)の雨を降り注いだという由来から、甘茶を注ぐようになりました。

 

クリスマスは、キリスト教徒のみならず、多くの方がご存じです。

花まつりも、少しでも多くの方に知って頂き、共にお釈迦さまの

誕生日を祝う事ができればと思っています。


  • 常宣寺ホーム
  • 浄土真宗の教え
  • 寺院紹介
  • 年間行事
  • 法事・帰敬式・永代経
  • 仏事
  •  アクセス(地図)
  • 常宣寺からのお知らせ
カテゴリ
アーカイブ