常宣寺からのお知らせ|指月山 常宣寺(大阪市旭区)

~暑さ寒さも~

お彼岸の季節に入りました。

「彼岸」は春分と秋分の日を中日(ちゅうにち)とし、

前後3日の計7日間とされています。

 

平成28年度は、

彼岸の入り・・・3月17日

中 日・・・3月20日(春分の日)

彼岸の明け・・・3月20日

であります。

この彼岸の期間にお供えの食として昔から食べられているのが「ぼたもち」「おはぎ」と呼ばれる、あんこを絡ませたお餅です。

「ぼたもち」は春に咲く牡丹(ぼたん)の花にちなんでつけられた名前。

あずきの粒を牡丹の花びらに見立てて「牡丹餅(ぼたんもち)」と呼ばれていたものが、やがて「ぼたもち」に変化したと言われています。

 

牡丹

 

一方、秋の「おはぎ」は「萩(はぎ)」から。

あずきの粒をその季節に咲く、秋の七草の一つ萩の花に見立てたもので、

「お萩餅」と呼ばれるようになり、後に「おはぎ」として定着したそうです。

 

萩

 

また、「ぼたもち」はサンスクリット語に由来するという説もあります。

仏教の礼拝用言語になるサンスクリット語の

「bhukta (ブッダ)」<飯>+「mridu(ムチ)」<やわらかい>

から日本では「ぼた+もち」になったという諸説もあります。

様々な説があるのも、お彼岸の歴史を感じる所以です。

 

よって、春はぼたもち秋はおはぎと春秋使い分けないといけないのですが、

今は年中おはぎで通すお店が多いようです。

 

この彼岸の時期は、一年で一番過ごしやすい時期とも言われています。

当寺院でも、3月19日(土)・20日(日)17時半より、彼岸会の

お勤めを行いますので、ご都合のよい日を選びご参列ください。

 

 

 

 


~日本は、2559年~

『今年って何年・・・??』

と、友人に聞かれれば・・・「2016年!」

と、皆さん答えると思います。

 

ただ、この数字、厳密に言えば、今年は「西暦2016年」で、

もっと深く追求すると、キリスト教の創始者イエス・キリストの誕生年を

起点とした

「キリスト紀元2016年」が正確な表現であります。

 

このように年数を数える際に、起点となる年を「紀元」、

そして紀元を基に年を数える方法を「紀年法」と呼び、

実は西暦以外にも、いくつかの紀元が世界には存在します。

 

その一つに、お釈迦さまが入滅したとされる年を紀元とした、

仏滅紀元という 紀年法が存在します。

 

日本ではあまりなじみがないですが、これは仏暦とも言い、

仏教徒が多い東南アジアの国々(タイ、etc)では今も用いられています。

 

英語では・・・

仏暦→Buddhist Era=B.E

<(参考)西暦→Christian Era=C.E

(ラテン語では→Anno Domini=A.D)>

と表記され、タイ国などでは公的証明書にも仏暦が記されています。

少し細かいですが、、、

ミャンマーや、スリランカでは、

釈尊が涅槃したとの年(紀元前544年)を、仏暦元年

タイ・カンボジア・ラオスでは、

釈尊が涅槃した翌年(紀元前543年)を仏暦元年としている為、

1年の違いが生じるらしいです。

 

国民の約95%が仏教徒である、タイで使用されている仏暦で表現すると

今年は・・

 

平成28年

西暦2016年

仏暦2559年

 

ですね。

あまり使う機会はないですが、機会があればぜひぜひご活用下さい。

 

<覚え方としては・・・>

 

紀元前543年が仏暦紀元となる・・・

つまり、西暦に543(こよみ)を足せば仏暦となります。

例)今年は→2016+543(こよみ)=2559

受験生のような覚え方でした。。。

 

 


閏年

2016年2月5日

~4年に1度~

今年(2016年)は、1年が366日ある「閏年(うるうどし)」です。

 

うるう年には、夏のオリンピック(今年はリオオリンピック)や、アメリカ大統領選挙が開催されることで有名です。ただ、オリンピックや大統領選挙は4年に1度ですが、うるう年には例外もあるので、オリンピックや大統領選挙があっても、うるう年でない年も存在するそうです。

 

では、どのように閏年を決めるのでしょうか・・・

【原則】西暦年を4で割り、割り切れる年を閏年とする

【例外ⅰ】但し、100で割り切れる年は閏年としない

【例外ⅱ】但し、400で割り切れる年は閏年とする

 

【具体例】

1900年・・・400で割り切れないけど、100で割り切れるから、

うるう年としない。

2000年・・・400で割り切れるから、うるう年とする。

2100年・・・400で割り切れないけど、100で割り切れるから、

うるう年としない。

 

なので、次回のうるう年でない西暦は、2100年ということですね。

 

ちなみに上記の法則は、現在の太陽暦として世界各国で用いられている、グレゴリオ暦(太陽暦の一種:ローマ教皇グレゴリウス13世が制定)に基づいています。

このグレゴリオ暦は、紀年法は西暦(キリスト紀元:今年は2016年)を用いており、非常になじみが深いものでありますが、紀年法の中には、仏暦という暦も存在します。

 

次回は、なかなかなじみの無い、仏暦という暦に少し足を踏み入れたいと思っています。

 

 

 

 

 

 


修正会(元旦会)

2016年1月1日

~修正会~

仏教寺院では元旦の仏事「修正会(しゅしょうえ)」が行われます。

当寺では、毎年一月一日午前九時より、勤修させて頂きます。

「修正月会(しゅしょうがつえ)」を略して「修正会」といいます。

 

元旦法要ですので、元旦会(がんたんえ)とも言われます。

お内仏のお供えは鏡餅を供え、鏡餅の上に橙(だいだい)を載せ、

お花も松の枝や千両、梅、南天などをあしらえます。

新しい年に、先ずはご家庭のお内仏への初参り、そしてその後お寺への

初参りで一年を初め、「仏恩報謝」の自覚を新たに、心身ともに

よき年を迎えさせていただきましょう。

指月山 常宣寺


除夜会のご案内

2015年12月15日

~除夜会(じょやえ)とは~

大晦日(おおみそか)の夜に、一年のしめくくりとしてお勤めをし、

梵鐘のある当寺では除夜の鐘を撞きます。

普段はなかなか撞くことのできない鐘撞きを行い、新たな気持ちで新年をお迎え下さい。

日時・・・12月31日(木)

時間・・・23時50分頃より


 

~神戸モダン寺と異人館をめぐる日帰り旅行~

遠い昔より、港を中心に交易の拠点として栄えてきた神戸。

幕末以降の海外との交流により、多くの異人館が点在し、南京町が

広がるエキゾチックな町並みの中でも、ひときわ異彩をはなっているのが

神戸モダン寺こと、本願寺神戸別院です。

about_main_img

 

そのインド仏教様式の斬新なアイデアは、昭和5年に建てられた旧寺院より

受け継がれたもので、昔から今日まで神戸の人々に<モダン寺>の愛称で

親しまれています。この度、皆さまと共に日帰り旅行で巡るプランを

企画しましたので、ふるってのご参加、ご案内申し上げます。

 

日時 :平成27年12月5日(土)

時間 :午前8時~8時30分頃、各地より乗車して出発

    午後5時頃、帰阪予定

行先 :10:00~  本願寺神戸別院(参拝、見学)

    11:30~  昼食 (本館牡丹園 中華コース)

    13:30~  神戸北野異人館(風見鶏の館、萌黄の館、他見学)

※時間や行程により、変更する場合もございます。雨天決行。

参加費:お一人 5、000円

申し込み:11月20日までに、お寺までお申込み下さい。

 

(注) 詳細なバスの乗車時間・場所は後日ご案内いたします。

領収書は料金をお持ち頂いた際にお渡しします。

 

申込書ダウンロード

神戸モダン寺と異人館をめぐる旅行申込書


報恩講のご案内

2015年10月10日

~報恩講のご案内~

平成27年10月18日(水)・19日(木)の午後2時と午後7時より、

常宣寺本堂にて「報恩講」のお勤めを致します。

ご都合のよい日を選んでお参り下さい。

2J4A7036

 

<報恩講(ほうおんこう)とは>

宗祖親鸞聖人の恩に報い徳をたたえ、そのご苦労を通じて

阿弥陀如来のお救いをあらためて心に深く味わせていただく、

浄土真宗では最も大切な法要が報恩講です。

一般寺院では、ご本山(西本願寺)の御正忌(ごしょうき)報恩講に先駆け、

゛おとりこし゛としてお勤めします。

西本願寺では、御正忌報恩講が、1月9日午後2時(逮夜)から、

16日午前10時(日中)まで、7昼夜、28座にわたり

御影堂(ごえいどう)にて営まれます。

 

※<おとりこし>とは

おとりこしは、漢字では「お取越」と書きます。

浄土真宗の門徒の家庭では、昔より1月にご本山で行なわれる

『報恩講(ほうおんこう)』を取り越し(時期を早め)てお勤めする

習慣がありました。

いつの頃からか宗祖親鸞聖人の御命日(1月16日)より時期を

早めてお勤めするために『お取越報恩講』と呼ばれ、そのうえ「報恩講」を

省略し『お取越』と呼ばれるようになってきたのが所以と言われています。

 


秋季彼岸会のご案内

2015年9月10日

~彼岸会・永代経法要のご案内~

平成27年9月22日(火)・23日(水)の午後5時30分より、常宣寺本堂にて「彼岸会・永代経法要」のお勤めを致します。

ご都合のよい日を選んでお参り下さい。

2J4A6988

<彼岸とは>

彼岸とは彼(か)の岸のことです。

彼の岸とは「さとりの世界」すなわち浄土の世界です。彼岸に対して、悩みと迷いのこちら側の岸を「此岸(しがん)」と呼びます。

私達は、さまざまな煩悩にしばられている身であり、何か事があると人のせいにしたり、また逆うらみなどをしたりし、我執の炎に我が身を焦がして一生を送っております。まさに、暗闇の大海で一つの灯火も無くさまよっている姿であろうかと思います。

私たちに、この煩悩の姿を教え、そしてさまよえる私たちを捨てておけぬと、絶対のお救いをお誓い頂いて抱き取って下さったのが阿弥陀様です。この阿弥陀様のお浄土が極楽浄土であり、この極楽浄土は「お彼岸のとき太陽が沈むところなり」と、善導(ぜんどう)大師が観経疏の中で述べられています。

お浄土へ往かれた人々を偲び、感謝の手を合わせる事が、阿弥陀如来への報恩感謝のお念仏となるのです。上記の通り、各尊家の永代経も勤修いたします。ご都合のよい日を選び、お参り下さい。


IMG_3440

 

<地蔵盆とは>

お地蔵さんとして親われている、地蔵菩薩の縁日(8月24日)を中心に3日間の間に行われる行事です。

地蔵盆は、京都で生まれたと言われ、近畿地方を中心に古くから行われてきました。

夏の終わりの風物詩として、お地蔵様にお花や供え物、提灯などを彩り各地域で盛んに行われています。

地蔵盆は、子どもを守るお地蔵様に感謝し、子ども達の成長や幸福を願う行事です。

子ども達には、お地蔵様にお供えされたお菓子やご馳走が振舞われ、日本古来の習慣である地蔵盆を大人・子供が一緒になって過ごします。

夏の一つの思い出として、子ども達もいい経験が出来ました。

 

IMG_3395   IMG_3432


指月山 常宣寺(大阪市旭区)

常宣寺WEBサイトができました。


  • 常宣寺ホーム
  • 浄土真宗の教え
  • 寺院紹介
  • 年間行事
  • 法事・帰敬式・永代経
  • 仏事
  •  アクセス(地図)
  • 常宣寺からのお知らせ
カテゴリ
アーカイブ