常宣寺からのお知らせ|指月山 常宣寺(大阪市旭区)

秋季彼岸会のご案内

2015年9月10日

~彼岸会・永代経法要のご案内~

平成27年9月22日(火)・23日(水)の午後5時30分より、常宣寺本堂にて「彼岸会・永代経法要」のお勤めを致します。

ご都合のよい日を選んでお参り下さい。

2J4A6988

<彼岸とは>

彼岸とは彼(か)の岸のことです。

彼の岸とは「さとりの世界」すなわち浄土の世界です。彼岸に対して、悩みと迷いのこちら側の岸を「此岸(しがん)」と呼びます。

私達は、さまざまな煩悩にしばられている身であり、何か事があると人のせいにしたり、また逆うらみなどをしたりし、我執の炎に我が身を焦がして一生を送っております。まさに、暗闇の大海で一つの灯火も無くさまよっている姿であろうかと思います。

私たちに、この煩悩の姿を教え、そしてさまよえる私たちを捨てておけぬと、絶対のお救いをお誓い頂いて抱き取って下さったのが阿弥陀様です。この阿弥陀様のお浄土が極楽浄土であり、この極楽浄土は「お彼岸のとき太陽が沈むところなり」と、善導(ぜんどう)大師が観経疏の中で述べられています。

お浄土へ往かれた人々を偲び、感謝の手を合わせる事が、阿弥陀如来への報恩感謝のお念仏となるのです。上記の通り、各尊家の永代経も勤修いたします。ご都合のよい日を選び、お参り下さい。


  • 常宣寺ホーム
  • 浄土真宗の教え
  • 寺院紹介
  • 年間行事
  • 法事・帰敬式・永代経
  • 仏事
  •  アクセス(地図)
  • 常宣寺からのお知らせ
カテゴリ
アーカイブ